パワーストーンの効果で病気の回復が見られるように

ここ数年というものの、わたしは加齢のせいもあるのかもしれませんがあちこちと体を悪くすることが多発するようになりました。
今はインターネットでいろいろと調べることが可能な時代ですので、健康に気を遣い食生活も改めたりといった行動もしていたのですが、さしたる効果が見られず次々と病気が続いたのです。
そして極めつけは胆石ができてしまい、それによって胆嚢が腹膜炎を起こすという結果を引き起こして胆嚢の摘出手術を受けるハメになってしまいました。
さすがになにか対策を取ろうと思い立ち、お守りやお祓いなど考えたのですが、以前人から勧められたことのあったパワーストーンの存在を思い出しました。
パワーストーンというのは石に秘められた不思議な力で病気の治癒等の効果が期待できるというものです。
いわばお守りと同様のものですし、体の各部所や病気ごとにそれぞれ効果のある石が決まっているとのことでしたので、なんとなくより効果がありそうな気がしてパワーストーンを所持してみようと決めました。
確かに調べてみると、肩こりや冷え性、眼疾など病状ごとの石が決まっています。
体の部所でも胃や肝臓などに分けられていました。
また決められている石は各所で一つだけという訳ではなく、複数あるようですので複数箇所にわたって効果のある石も多数存在していました。
ですのでうまく選べば一つの石で自分の悪いところ数カ所に効果があるということになります。
わたしは胃、肝臓、肩こり、皮膚のそれぞれに効果のあるトパーズを選びました。
胆嚢の病気は肝臓とつながっていますし、胃痛や肩こり、肌荒れもよく患っていたものだったからです。
わたしは手軽に身につけやすそうなブレスレットのパワーストーンを購入しました。
それから毎日欠かさず着用していたのですが、胆嚢に関しては手術をしたのですから異変がないのは当然としても、胃痛や肩こりの起こる頻度が明らかに少なくなってきたのです。
肌荒れは冬になってみないとはっきりとは言えませんが、きっと効果があるのではと期待しています。
お守りもいいのですが、パワーストーンの神秘的な力も、ファッションとしても使用できますし、これからも頼りにしつつ着用し続けていきます。

Copyright (C) 悩みや不安を改善 All Rights Reserved.