パワーストーンを複数組み合わせる時

以前からパワーストーンが好きで、ビーズを売っている実店舗、ネットショップに限らずしばしば利用している。
ルビーやサンゴなど個人的に非常に好きなものは、なるべくそれらの一種類だけをつなげてネックレスなどを作ったりするのだが、お試し的に何粒かを手に入れたりして、種類の異なるいくつかの石が手元に集まってしまうこともある。
そうすると当然のように、それらを組み合わせてつなげてアクセサリーを作ることになる。
 パワーストーンを売るお店のサイトをはじめいろいろなところでは、それらを複数組み合わせる時に、相性が良いとか悪いとかの詳細が書かれていたりすることがあるが、正直なんだか混乱して迷ってしまう。
例えばターコイズとラピスラズリは良くないとの記述を見つけても、大手デパートの通販などでは、その組み合わせのネックレスやブレスレットが普通に売られていたりしている。
 あまりにもこだわり過ぎて、不本意な組み合わせでアクセサリーを作っても、そのまま身に付けずの放置状態では仕方がないし、やはりぱっと見ていい感じがする並びをまずは優先させたいと思う。
 ただどういうわけか、一時よく購入をしていたお店のサイトで、パワーストーンは結晶の形が同じものを組み合わせた方が、石に当たる光の反射が乱れずによい、と書いてあったのを見つけたことがあって、強く頭に残ってしまっている。
それで人にプレゼントなどをする時には特に、アメジストとローズクォーツを交互につないだりするものを作ることが多い。
どちらも水晶系の石であるから、当然結晶は六角柱状で同じ、濃い紫と淡いピンクの組み合わせを嫌がる女子は、幅広い世代でほとんどいないのではないか。
ローズクォーツの方がアメジストよりもお手頃であると思うので、こちらをアクセントになるトップパーツで使って、チェーンの部分はアメジストを中心にして、ところどころにローズクォーツを散らしたりするのもいいかもしれない。

Copyright (C) 悩みや不安を改善 All Rights Reserved.