癌に対するパワーストーンの効果について。

病気に罹った方が、パワーストーンを購入する話をよく聞きます。
元気な方は、石で病気が治るわけがないと、眉をひそめます。
しかし、本当にそうなのでしょうか。
健康な人でも毎日かなりの数の悪い細胞が出来ています。
通常は免疫力によって、その細胞は消されています。
人の体調は日によって違いますから、体調が悪い時は免疫力が落ちます。
その時に、退治されなかった悪い細胞が、癌化するのです。
体調が悪い理由は様々有ります。
風邪をひいたり、暴飲暴食をしたり、ストレスが溜まっていたり。
一節では、その中でもストレスが一番の引き金になると言われています。
現代はストレス社会ですが、ストレスは万病の元なのです。
癌患者の話を聞くと、多くが過去や現在に大きなストレスを抱えていた人です。
その上癌という大きな病気になると、精神的・肉体的に、更にストレスを抱える事になります。
このストレスを軽減し、心の拠り所となるのがパワーストーンです。
気休めという言葉は、取るに足らない事の例えとして使われていますが、気を休めると書きます。
パワーストーンは、気を休める為のアイテムなのです。
石によって効果が様々言われています。
パワーストーンでよくあるのが、金運上昇や恋愛成就ですが、健康祈願も多く聞き及びます。
遠赤外線を発し、温熱効果のあるトルマリンや、微量の放射性物質を出すラジウムのブレスレットなどは、その効果を宣伝しています。
もちろん石で病気は治りませんから、医療的にきちんとした治療は必要ですが、何かしらの根拠や言い伝えのある物に頼りたくなるのが病人です。
ましてや癌という大きな病気では、余程心が強い人でない限り、不安に心が揺れます。
不安な心を放置するとますますストレスで悪化していくのは想像に難くありません。
効果があると言われている石で心の安定を得られるのなら、それは大きな意味を持ちますし、綺麗な石を見て気持が高まるのであれば、病気治療の意欲に繋がるのです。
信心深い方では、菩薩様が中に入ったり石に描かれている物を身につけている方もいらっしゃいます。
この石の癒し効果は、利用するべきでしょう。
癌宣告を受けた際、気力が落ちてしまい、突然ラッシュになって命を落とす方が多くいます。
気力で生死が分かれることもありますので、気休めでも使ってみるのは悪い事ではないでしょう。

Copyright (C) 悩みや不安を改善 All Rights Reserved.