パワーストーンの波動と石のもつ力について

パワースポット、パワーポイント、パワーストーンなどパワーの欲しい時や何だか不調に思えてしまう時、または願掛けや厄除けなど様々なスピリチュアルな場面へのアクセスをしたい時には、自らパワーを肖りに行きたくなったりするものであり、人々は昔から其の様にして厳しい試練を乗り越えてきたといえるであろう。
そのパワーの源となるうちの一つにパワーストーンがある。
何年もの年月を掛けて、ストーンは形成されてきた大変貴重なそして大きな力を有していると言われつずけている。
パワーの持つスピリチュアル的な力強い波動は、弱ってしまっている心や身体の高まりを治癒してくれる作用があるという。
厳に、病で大変なめに遭われている方がパワースポットへ行ったり、パワーストーンを身につけたり触っただけでも、その効果が歴然として現れた。
実際には、私の母の癌の手術の際、父にお願いして私が幼少の時に山奥の川で見つけた、マリア様の姿をした石を持たせてあげて欲しいとお願いした。
その石と父が購入した宝石の石を持たせてあげ、母は手術室へ向かって行き手術が行われた。
思いの外、摘出範囲は大きかったものの手術は無事成功し、抗がん剤治療をしなくとも脅威的な回復を遂げた。
実際どんな力や作用があるのかなどは分からないにしても、少なくとも信じて願いを託したりその石の持つ輝きを力として、良き方向へと邁進していくことは必ずパワーが潜んでいるからでは無いだろうか。
今の置かれた現状についても私自身も、両親に早く自分の産んだ子どもをみせたくてお参りなどをしてきた。
だがここに来てからは、流産や度重なる不妊治療などで参ってきている上に、妊娠中に近くの若いご夫婦からの、故意のないような口調で年齢が行ってますから流産し易いんでしょうからね、などと言った大変傷ついてしまう様なお言葉を、お会いする度に投げ掛けられてしまい、本当に突然に流産してしまった時はさすがにショックは隠せ無かった。
その方は出産里帰りから戻られて毎日のように、人が変わったように子育てをされ、私といえばようやく授かった子を無くし、平然と罵倒してきたお子さんの鳴き声を聞く毎日。
これも試練と思い耐え続けては要るものの、本当にパワーストーンにすがりスい心境にさえなってしまうようだ。

Copyright (C) 悩みや不安を改善 All Rights Reserved.