パワーストーンの寿命はあるのか

パワーストーンが大好きでいくつも持っているのですが、とても不思議に感じるのはパワーストーンを浄化した後で身につけるとパワーが充電されている分かなり強力になっていることがあり、そういうものをつけた時には例えばブレスレットなら手首がしびれたように感じることがあります。
しかしそれもしばらくすると体との調整がつくのかなじんでくるのです。
パワーストーンにはそれぞれ意味があります。
私の場合は恋愛に良いものや精神的に落ち着くようなものを選んで持っています。
身につけているのと身につけていないのとでは全く違います。
パワーストーンは自分の力を分けてくれ、いらいらするということがあまりなくなりました。
最初にパワーストーンを選ぶ時にはできればインターネットで買うよりも店頭で実際に触れて感じることができた物を選ぶほうがベストです。
なぜなら石との相性があるからです。
相性があまり良くない場合にはそわそわっと言いましょうか、落ち着かない気分になるのですぐにわかります。
これだと魅かれたものを選べば間違いありません。
しかしそんなパワーストーンにも寿命というものはあるのです。
石は浄化をしてあげることによってパワーを取り戻し、美しく輝きます。
けれど寿命がくるとその輝きが失われてしまうのです。
寿命を迎えた石は少しにごったようになるのですぐにわかります。
またその石によっては割れてしまったり、ブレスレットやネックレスであればちぎれてしまったりします。
寿命を迎えた石には感謝の気持ちを伝えて土へ返してあげるのがいいです。
もともとパワーストーンは自然の中にいたものだからです。
私の場合は一番気に入っていた石がある日かけてしまいました。
その石は土へ埋めましたが、長年の友をなくしたようなちょっと寂しい気持ちになりました。
もしどうしても石を埋める土がない場合やお守りにしておきたい場合にはそのまま持っているのもよいそうです。
石が突然なくなってしまうこともありますが、そういう場合も自分の身代わりになってくれているということがあります。

Copyright (C) 悩みや不安を改善 All Rights Reserved.